BppLOG

Berlin → Tokyo

【翻訳】Googleのエンジニアがソフトウェア開発する時に必ず書くドキュメント「Design Docs at Google」

Googleでの「Design Docs」とは 2007年の Google Developer Day Tokyo での鵜飼氏のプレゼンによると「Google で必ず書くことになっているドキュメント」であり、「プロジェクト立ち上げ時の 1~2週間をかけて書く」ものです。
今回は Google のソフトウェアエンジニアである @cramforce 氏が自身のブログで「Googleでの Design Docs」について解説している記事を公開されていたため、氏の許可を得て翻訳しています。

原文:
www.industrialempathy.com

続きを読む

「いま問い直す知識資産の価値 ナレッジマネジメントの本質」

  • 真に重要な知的資産は何か
  • 知識をマッピングする
  • 新たな機会を見つけていく
続きを読む

「米海軍のナレッジマネジメント: クリンガー・コーエン法から現代の空母打撃部隊まで」

ナレッジマネジメントのプロジェクトに携わるにあたり、軍隊での手法が気になっていた。
軍隊では組織内での情報流通を重要視している。なぜならそれが出来ていないと文字通り「死」が訪れてしまうからである。

digiday.jp

今回はこちらを読んでみた。

  • 米海軍省のIT政策
  • 米海軍のナレッジマネジメント思想
  • 知識のタクソノミー
  • 意思決定サイクルとナレッジマネジメント
    • OODAループ
  • 海軍省 知識管理戦略
続きを読む

「知識創造企業」

ナレッジマネジメントのプロジェクトに携わるにあたり、古典的名著と言われている野中先生の著作を読んだのでピックアップしてメモした。

知識創造企業

知識創造企業

  • 知識とは
  • 知識創造の2つの次元
  • 知識変換の4つのモード (SECIモデル)
    • 知識スパイラル
  • 組織的知識創造を促進する要件
    • ラグビーアプローチ
  • 知識創造のためのマネジメントプロセス
    • トップダウンとボトムアップ
    • ミドル・アップダウン・マネジメント
続きを読む

「プロジェクト・ナレッジ・マネジメント 知識共有の実践手法」

ナレッジマネジメントに関するプロジェクトの立ち上げに関わることになったので、ナレッジマネジメントとは何なのか、をインプット中。
今回は「プロジェクト・ナレッジ・マネジメント 知識共有の実践手法」を読んだのでまとめてみた。

  • 第1章 ナレッジマネジメントの原理
    • 「知識」とは
    • 「ナレッジマネジメント」とは
    • ナレッジマネジメントへの否定的意見
    • ビジネスにとってのナレッジマネジメントの必要性
      • 学習曲線
      • ベンチマーキング
    • 知識タイプの分類
  • 第3章 プロジェクト内の知識流通
  • 第4章 プロジェクト間の知識流通
続きを読む

「AIの遺電子」を読んで、人間らしさについて考える

最近は「AIの遺電子」という漫画にハマっている。
読み始めたキッカケは深津さんのツイート。

続きを読む

Web Bluetooth API を使ってBLEデバイスをブラウザから操作する

WebBluetoothAPI を利用すれば、ブラウザからBluetoothLE(BEL)デバイスを操作できるようになります。

従来であれば、BLEデバイスを操作するには iOS や Android のアプリケーションを用意する必要がありましたが、
このAPIを利用すれば、javascriptのみでブラウザからBLEデバイスを操作できるようになります。
基本的には下記の5ステップで実装をしていきます。

  1. BLEデバイスをスキャンして探す
  2. BLEデバイスに接続する
  3. BLEデバイスの Service オブジェクトを取得する
  4. Service オブジェクトから Characteristic オブジェクトを取得する
  5. Characteristic オブジェクトのRead/Write でデバイスを制御する

上記5ステップと、接続の解除、デバイスからの通知の受け取り、の7項目について説明していきます。

続きを読む