BppLOG

Berlin → Tokyo

【翻訳】「シリコンバレーから生まれた最高の文書」と絶賛されたNetflixのカルチャーガイド全文

Netflixの企業文化や社員の行動規範を定めたカルチャーガイドが公開されており、FacebookのCOOのシェリル・サンドバーグが「シリコンバレーから生まれた最高の文書」と評価しています。

そのカルチャーガイドはもともと2009年にスライドとして公開され、最新版はNetflixの採用ページ上に掲載されています。今回は許可を得て翻訳することにしました。

続きを読む

京都・建仁寺で「ON THE TRIP」のオーディオガイドに感動した

今年のGWは京都に行ってきた。

学生の頃に京大でのイベントに参加するために日帰りで訪れた記憶はあるけど、旅行としては小学校の修学旅行以来かもしれない。

今回は八坂神社、下鴨神社、建仁寺、南禅寺に足を運びました。
その中で、「建仁寺」のオーディオガイドが素晴らしく感動したので紹介します。

  • ガイドの魅力
  • 次世代のオーディオガイド「ON THE TRIP」
    • 1. スムーズな導線設計
    • 2. 洗練されたコンテンツ
  • ルーブル美術館のニンテンドーDS
続きを読む

新感覚の演出「プロジェクションマッピング × オペラ」ベルリン・コーミッシェ・オーパー「魔笛」が最高だった!

f:id:tky_bpp:20180407220043j:plain:w300

ベルリンの有名なオペラ劇場の一つである「ベルリン・コーミッシェ・オーパー(KOB)」によるオペラ「魔笛」の来日公演を観てきました。

  • 感想
  • 演出に溢れるベルリンらしさ
    • パミーナとパパゲーノ
    • モノスタトスとザラストロ
    • クリエイター集団「1927」
  • 演出の裏話
  • 伝統オペラの現代への挑戦
    • メトロポリタン劇場@ニューヨーク
    • ロイヤル・オペラハウス@ロンドン
    • スカラ座@イタリア
続きを読む

「Mercari Server Side Tech Talk Vol.2 〜CREナイト〜」参加レポート

前回の 「JustTechTalk#11 エンジニアの新しいキャリア Customer Reliability Engineer (CRE)」参加レポート に続き、メルカリさんのCREのイベントに参加してきました。ざっくりメモですが載せておきます。


Mercari Server Side Tech Talk Vol.2 〜CREナイト〜

スピーカー

  1. 会場案内&CREチームのご紹介 by @bravewood
  2. メルカリの商品監視を支える技術 by @icchy
  3. 機械学習によるマーケット健全化施策を支える技術 by hnakagawa氏
  4. 機械学習によるマーケット健全化のためのモニタリング by @metalunk
続きを読む

「いちばんやさしいグロースハック教本」を読んで「グロースハック」に入門した

グロースハックチームの立ち上げに関わることになったので、そもそも「グロースハック」とは何か、を知りたかった。

最初に読むには「いちばんやさしいグロースハック教本」がよいと評判だったので読むことにした。半日あれば読めるような分量で、グロースハックの概念やフレームワークを理解するには丁度良い内容だった。

学んだことを以下にまとめてみる。

  • グロースハックとは
    • マーケティングとの違い
  • 基本の「AARRR」モデル とその欠点
    • 「AARRR」 とは
  • 「ARRRA」モデル
    • 目標設定
  • アクティベーション
  • リテンション
    • フックモデル
  • リファラル
続きを読む

「JustTechTalk#11 エンジニアの新しいキャリア Customer Reliability Engineer (CRE)」参加レポート

先日開催されたCREについての勉強会に参加してきました。

CREとは、Customer Reliability Engineering(顧客信頼性エンジニアリング)の略称となっており、googleが提唱した新しい専門職です。
SREがサイトに対して、CREが顧客に対してのアプローチです。
Google Cloud Platform Japan 公式ブログ: Google の新しい専門職 : CRE が必要な理由

箇条書きですが、聞いた内容を整理してみました。スライドも公開されているので合わせて載せています。

続きを読む

ドイツ・ルフトハンザ航空のブランドデザインがリニューアル

ベルリンに一時期住んでいたので、ルフトハンザ航空はかなり利用していました。
ルフトハンザといえば、鶴のロゴマークと黄色のデザインが特徴的。

ロゴの誕生から100周年を迎えるにあたり、ブランドデザインを深い紺色を基調としたものにリニューアルしたと発表がありました。
https://www.lufthansagroup.com/en/themes/explore-the-new.html

f:id:tky_bpp:20180213211312p:plain
左:BEFORE 右:AFTER

続きを読む