BppLOG

Berlin → Tokyo

ドイツ・ルフトハンザ航空のブランドデザインがリニューアル

ベルリンに一時期住んでいたので、ルフトハンザ航空はかなり利用していました。
ルフトハンザといえば、鶴のロゴマークと黄色のデザインが特徴的。

ロゴの誕生から100周年を迎えるにあたり、ブランドデザインを深い紺色を基調としたものにリニューアルしたと発表がありました。
https://www.lufthansagroup.com/en/themes/explore-the-new.html

f:id:tky_bpp:20180213211312p:plain
左:BEFORE 右:AFTER

続きを読む

スタバのアプリでの事前注文がとても便利だった。今後は音声注文も!

先週、出張でアメリカのマイアミに行く機会がありました。

アメリカに行った時に、どうしてもやりたいことがありました。それが、「スタバのアプリでの事前注文」です。2015年からアメリカでスタートしていたのを知り、是非試してみたいと思っていました。
米スタバ注文アプリの完成度 全米で月500万件注文 (三浦茜) :日本経済新聞


「モバイルオーダー&ペイ」と名付けられており、その名の通り、アプリで事前に注文&決済をして、店頭で受け取ることが出来るオーダーシステムです。
アメリカ以外ではイギリスでもスタートしており、日本と中国は2016年開始の計画だったそうですが、まだスタートしていません。

今回はアメリカで実際に試してみたのでレポートしてみます。

続きを読む

情報発信のススメ:ブログを書いていたらForbesで連載することになったエンジニアの話

この記事はRecruit Engineers Advent Calendar 2017の15日目の記事です。

一言にすると「情報発信のススメ、人生は connecting the dots. 」です。

12月になるとアドベントカレンダーで記事を書く人は多いですが、もっと日常的にアウトプットすることのススメです。

私はいま、Forbes のオフィシャルコラムニストとして「エストニアの電子政府」 について連載をしています。何を隠そう、連載に至るきっかけがブログでの情報発信でした。

forbesjapan.com

続きを読む

新元号までの平成カウントダウンページを作ってみた(S3 + CloudFront + Route53 + ACM:SSL対応)

2019年5月1日より新元号になる、との正式報道がありました。
陛下の退位日 正式決定、平成は再来年4月30日で幕 TBS NEWS

平成元年生まれの私としては、非常にインパクトのあるニュースです。そこで、名残惜しい平成との別れを見守るため、新元号までのカウントダウンページを作ってみました。

平成カウントダウン
https://heisei.today/


f:id:tky_bpp:20171208162520p:plain:w300

続きを読む

U2がベルリンの地下鉄"U2"でサプライズライブ(動画あり)

U2がベルリンの地下鉄2番線"U2"でサプライズのライブを披露したそうです。
ベルリンに住んでいた頃は毎日乗っていた路線なので、懐かしい&羨ましい・・・!!!

www.youtube.com

12/1にリリースされた新アルバム「Songs of Experience」のプロモーションの一環だったみたいですね。ボノとジ・エッジのアコースティックライブはうらやましい。

U2のパフォーマンスは結構好きで、常に最新型の発想をもたらすプレゼンテーションとして注目してたりもします。
ライブといえばアリーナ型がまだまだ主流であるけど、アリーナ会場のど真ん中にステージを設置し、客席はそれをぐるっと取り囲むスタイルを2015年から導入している。
「イノセンス+エクスペリエンス・ツアー」では、中盤にかけてステージ最大の装置である巨大スクリーンと花道が連動した驚異的な仕掛けも披露されることになっていて、U2独自のクリエイティブでショーアップされたライブが展開しているのもたまらない。

U2 イノセンス+エクスペリエンス ライヴ・イン・パリ [Blu-ray]

U2 イノセンス+エクスペリエンス ライヴ・イン・パリ [Blu-ray]

  • アーティスト: U2,イーグルス・オブ・デス・メタル
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: Blu-ray
  • この商品を含むブログを見る

ICOに関する初心者ガイド

この記事は Funderbeam の Founder & CEO である Kaidi Ruusalepp 氏の記事 The Hitchhikers Guide to ICOs – Funderbeam Wire を許可を得て非公式に翻訳したものです。
Funderbeam はブロックチェーンを活用したスタートアップ向けの証券取引所であり、エストニア発のFinTechスタートアップとして世界中で注目されています。今年の3月には孫泰蔵氏が率いる Mistletoe から 200万€ を調達したとアナウンスもありました。
また Kaidi 氏は 米ナスダックのタリン証券取引所・前CEOを歴任した金融のスペシャリストでもあります。

ICOとは何でしょうか?
ICOはブーム的な現象になっていて、どんなスタートアップカンファレンスでも、パブでの会話でもみんなこのことを話していて、株価の乱高下にも関係しているようですが一体何のことなのでしょうか? そして一体なぜ Funderbeam はICOグローバルレポートを出したのでしょうか? これからICOの世界をごく簡単に紹介していきます。

続きを読む