読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BppLOG

Berlin → Tokyo

スイスのバーゼルで訪れたい現代アートギャラリー10選


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

翻訳元:Basel’s 10 Best Contemporary Art Galleries

世界で最も重要で権威ある国際的なアートフェア「Art Basel」の一つの本場して、バーゼルには素晴らしい現代アートギャラリーが点在しています。
そして、その多くではしばしばフェアが開催されています。
今回はこの小さなスイスの町の、バーゼルで最も有名なギャラリーやアートスペースを10個紹介します。

1. Kunsthalle

f:id:tky_bpp:20160518154203j:plain
http://www.kunsthallebasel.ch/institution/geschichte/

バーゼルで最も古く崇拝されている文化建造物の1つとして、Kunsthalleの歴史は1872年から始まりました。この年はKunsthalleが芸術活動を披露し、アーティストとアートの専門家のクリエイティブ分野での交流を促進するための場所として開放された年です。Kunsthalleには約500のアートワークが収蔵されていますが、一般には公開されていません。
この美術館のプログラムは国内外の現代のアーティストが臨時で展覧会を開くことを中心に据えています。また、Kunsthalleは図書館として美術書やモノグラフの高い収蔵数を誇っており、その合計は3万点以上で隣接して展示室もあるのが魅力です。
外観は19世紀風ですが、Kunsthalleのインテリアは入念に改装されておりバーゼルの他の新しい展示スペースと比べても勝るとも劣らないものとなっています。

http://www.kunsthallebasel.ch/
Kunsthalle, Steinenberg 7, Basel, Switzerland, +41 61 206 99 00

2. Carzaniga

f:id:tky_bpp:20161223171527j:plain
http://www.carzaniga.ch/galerie

ドイツとイタリアをつなぐスイスの地理的位置を反映し、バーゼルのギャラリー、Carzanigaはドイツ、イタリア、スイスのアーティスト(特に、Bruno Suter、Serge Brignoni、Julius Bissier)の現代アート作品を展示し、展示しているアーティストの詳細なカタログやモノグラフを公開しています。
CarzanigaはGruppe Rot-BlauやGruppe 33が影響力のあった短い期間に作成された作品を展示したことでよく知られています。どちらのグループも1920年代に活動していたのですが、そのメンバーは自分達の置かれた時代を変わった手法で、しかし同時に第一次世界大戦の残虐さやこの戦争の数十年後に現れたファシスト政府の活動を反映する手法で描いた表現派画家でありました。

http://www.carzaniga.ch/
Carzaniga, Gemsberg 8, Basel, Switzerland, +41 61 264 30 30

3. Fondation Beyeler

Fondation Beyelerはその内部、外部あらゆるところにアートが溢れているのが特徴です。
この建物はClaude MonetやPaul Cezanne、Vincent Van Gogh、Pablo Picassoをはじめとする著名な現代アートの巨匠が作成した約250の絵画や彫刻を常時収蔵しています。これらの収蔵品は様々な現代アートの巨匠の作品やアフリカやオセアニア由来のなかなか目にできない25点の民族作品と共に展示されています。また、これらの作品は根本的に異なった美的価値観がある中で独自の対話を経て集められたものです。
外観を見てみると、綺麗な3層構造の建物(イタリア建築界の巨匠Renzo PianoがFondation Beyelerのアートを管理することを主な目的としてデザインした建物)があり、美術館が位置している草原地帯、Berowerparkの豊かな自然と良く調和しています。美術館の周りの公園にはEllsworth KellyやAlexander Calderをはじめとする著名な現代アーティストの風変わりな彫刻が数多く点在しています。

http://www.fondationbeyeler.ch/en/Home
Fondation Beyeler, Baselstrasse 101, Riehen, Basel, Switzerland, +41 61 645 97 00

4. Mitart

バーゼルにあるMitartギャラリーは絵画、描画、彫刻、写真、ビデオインスタレーションなどの活動をしているアーティストにとって芸術の本場です。毎年、Mitartはたくさんのソロやグループの展示を通して国内外の才能溢れるアーティストの作品を見られることで注目されています。
過去には、Mitartではスイスのアーティスト、Matthias Aeberliの作品を展示していました。Trojakomplexという名の絵画を展示しており、この絵画は神話に登場するトロイの木馬の生来の特徴である芸術性、虚偽性、人を不安にさせる能力などを探求しているものです。

http://www.mitart-gallery.com/

Mitart, Reichensteinerstrasse 29, Basel, Switzerland, +41 61 692 90 20

5. Stampa

1969年にGilliとDiego Stampaによって創設され、バーゼルのStampaギャラリーはスイスと国際的なアートの現場間の対話のきっかけを作り、促進するためのスペースとなりました。StampaはVito AcconciやMiriam Cahn、Marlene Dumasをはじめとする現在高い評価をうけているアーティストの作品を初めて展示したスペースでした。
この展示はアーティストとギャラリーの協力の好例でもあります。ギャラリーの文化普及プログラムには書店の協力が必須です。Stampaが綺麗なカタログやモノグラフ、美術書を販売すれば、バーゼルのアートへの継続的な興味心を刺激するのに一役買うことになるかもしれません。

http://www.stampa-galerie.ch/
Stampa, Spalenberg 2, Basel, Switzerland, +41 61 261 79 10

6. Balzer Projects

Balzer Projectsは時代の先を行く前向きなアートに重きを置いています。Balzer Projectsは最近、現代アート慣習の制限を試す目的のギャラリーを創設し、特に世界中の新しい才能あるアーティストのスカウトに力を入れています。Balzer Art Projectの特異な点はプロジェクトにあります。
これらのプロジェクトは通常の展示よりも小規模で期間が短いが、プロジェクトに関わったアーティストが展示、発表、パフォーマンスの準備をし、一般の来館者に加えて同業者やコレクターなどの選ばれた人にプレゼンテーションをする機会が与えられています。Balzer Art Projectsで選ばれたアーティストにはAndreas BauerやBrian Duggan、Angelika Schoriがいます。

http://balzerprojects.com/
Balzer Art Projects, Wallstrasse 10, Basel, Switzerland, +41 61 222 2152

7. Schaulager

所有物を美術館やギャラリー、その他施設に貸し出すアートの財団は通常、展示されない美術品用の保存場所を余分に備えています。Emanuel Hoffman財団の倉庫は特徴的なもので、Schaulagerと呼ばれています。Schaulagerは特別な構造を有し、収蔵している美術品を保護するための最適な条件を満たすように設計されています。
また同時に、美術品は一般に公開されています。Robert DelaunayやPaul Klee、Max Ernstの絵画など現代アートの名の通った名品が展示されています。また、SchaulagerはPaul Chanの権威ある展示など特別な展示を開いています。同氏はインスタレーション、ビデオ、描画、彫刻などを巧みに使って現代の社会や政治の問題を探求しているマルチタレントな中国人アーティストです。

http://www.schaulager.org/
Schaulager, Ruchfeldstrasse 19, Münchenstein, Basel, Switzerland, +41 61 335 32 32

8. Guillaume Daeppen

アバンギャルドだと思われるかもしれませんが、「ホワイトキューブアート」の国際的な殿堂の一つに数えられる町で、Guillaume Daeppenのギャラリーを訪れれば新鮮な気持ちになれることは間違いありません。Daeppenは2006年に開館され、設立当初から新しいメディアに進出しようとする若いアーティストに焦点を当ててきました。
Born to Be Punkという名の画期的な展示会が2009年に開かれましたが、ギャラリーは最終的に都市芸術の方向にシフトしました。例えば、都市文化にインスピレーションを得たストリートアート作品などはその一例です。また、従来のギャラリースペースに作品を収蔵しながらも外部から入ってきた新しい手法も利用しています。
Daeppenに収蔵品を持つアーティストは落書きやデッサン、ステンシル、マンガその他のメディアに進出し、バーゼルの高貴な芸術的環境にこれまで考えられなかった驚くべき選択肢を提示しました。

http://www.gallery-daeppen.com/
Guillaume Daeppen, Müllheimerstrasse 144, Basel, Switzerland, +41 79 467 90 6

9. Von Bartha

バーゼルで指折りの現代アートギャラリーの一つであるVon Barthaは、1970年の設立以来長い歴史を歩んできました。現在、ギャラリーはS-chanfにあるギャラリーに加えて市内に2つの大きな展示場を有しています。バーゼルにある会場の中でいわゆるvon Barthaの収蔵品は綺麗な二階建ての都会的な邸宅に収蔵されており、ここで毎年2回展示会が開かれます。
また、広々としたvon Bartha Garageは2008年のみ開放され、大規模なインスタレーションが運び込まれました。このギャラリーは絵画や彫刻、インスタレーションなど形は違えど建築アートに特化しておりAndrew BickやCamille Graser、Christian Anderssonをはじめとする15人の魅力的で才能あふれるアーティストが輩出アーティストとして名を連ねています。

http://www.vonbartha.com/
Von Bartha Collection, Schertlingasse 16, Basel, Switzerland, +41 61 322 10 00
Von Bartha Garage, Kannenfeldplatz 6, Basel, Switzerland, +41 61 322 10 00

10. Nicolas Krupp

絵画から彫刻、写真、ビデオまで、さらにはインスタレーションから新しいメディアに至るまでNicolas Kruppギャラリーが魅了された芸術分野の範囲は限りありません。昔は工業施設でしたが、現在は同ギャラリーがMesseplatzの大きな敷地内に位置し、Art Baselの会場から徒歩圏内にあります。同ギャラリーは海外の若いアーティストの作品にスポットライトを当てています。
名誉あるTurner Prizeの2010年候補者、Angela de la Cruzは平面のキャンバスという限られたスペース上で絵画と彫刻を組み合わせた作品を作っています。Atta KwamiはGhanaianの建築やアフリカの織物の色合いからインスピレーションを得て小さいまたは中ぐらいの大きさのカラフルな絵画を描いています。Rico ScagliolaとMichael MeierはMusenで良く知られています。Musenは写真のディプティックを連ねたもので2人はいくつかの写真でハリウッドスターのように着飾っており、現物の写真の隣にその写真を見ることができます。

http://www.nicolaskrupp.com/
Nicolas Krupp, Rosentalstrasse 28, Basel, Switzerland, +41 61 683 32 65


現代アート、超入門! (集英社新書 484F)

現代アート、超入門! (集英社新書 484F)

現代アート事典 モダンからコンテンポラリーまで……世界と日本の現代美術用語集

現代アート事典 モダンからコンテンポラリーまで……世界と日本の現代美術用語集

現代美術のキーワード100 (ちくま新書)

現代美術のキーワード100 (ちくま新書)