BppLOG

Berlin → Tokyo

ポール・スミス展に行ってみたら、ポール・スミスがもっと好きになった。


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

f:id:tky_bpp:20160812144835p:plain
(photo from http://paulsmith2016.jp/)

東京・上野にある上野の森美術館にて開催中の
ポール・スミス展 - HELLO MY NAME IS PAUL SMITHT」(2016年7月27日~8月23日)
に行ってきました。
お盆ということもあり、結構混んでいました。

世界中で人気を博しているイギリスの紳士なブランド「Paul Smith (ポール・スミス)」
このブランドを作り上げた、デザイナーであるポール・スミス氏自身のインスピレーションの源やブランドの成長の歴史が楽しめる展覧会です。

2013年11月に、イギリス・ロンドンのデザイン・ミュージアムで開幕し、その後ヨーロッパ各地を巡回して、2016年6月4日〜10月16日にかけて京都、東京、名古屋の3箇所で順次開催されています。

会場の様子

f:id:tky_bpp:20160812114610j:plain
f:id:tky_bpp:20160812114830j:plain

入場時には、こちらのピンクのイヤホンがもらえます。
会場にはQRコードが散りばめられているので、読み取って専用ページへ行くと、松田翔太の音声ガイドが聞けます。

f:id:tky_bpp:20160812145401j:plain

専用ページはこのような画面です。
松田翔太にポール・スミスの世界を案内してもらいましょう。

f:id:tky_bpp:20160812145145j:plain

会場内は全て撮影OKです。
フォトスポットには写真撮影の列が出来ていました。

f:id:tky_bpp:20160812115403j:plain

Intagram や Twitter に、ハッシュタグ「 #HelloPaulSmith 」をつけてシェアすると、
出口でオリジナルフォトカードをプリントしてくれます!

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/t31.0-8/13350323_1012081832194316_5063577058283037324_o.jpg

www.instagram.com


ハッシュタグをのぞいてみると、たくさんの写真がシェアされていました。

f:id:tky_bpp:20160812144621p:plain

ポールのオフィス

ロンドンのコヴェントガーデンにあるオフィスが再現されています。

f:id:tky_bpp:20160812122247j:plain
f:id:tky_bpp:20160812122239j:plain

散らばっている本や書類、自転車やカメラ、キッチュな物など、その多くはポールが世界中を旅して集めたものだそうです。
それら全てが彼のインスピレーションの源になっているとのこと。

デザインスタジオ

ポール・スミス社のデザインスタジオが再現されています。

f:id:tky_bpp:20160812114949j:plain
f:id:tky_bpp:20160812115047j:plain
f:id:tky_bpp:20160812122339j:plain

お馴染みのストライプ柄はこのデザインスタジオで生み出されています。

ポールのアートウォール

ポールは10代から絵画や写真を集めています。
ロンドンのオフィスの壁に飾られているものと地下に保管してあるものから、厳選された約500点が展示されています。

f:id:tky_bpp:20160812121717j:plain
f:id:tky_bpp:20160812121704j:plain
f:id:tky_bpp:20160812121908j:plain

コレクションには、アンディ・ウォーホル、デビット・ホックニーやバンクシーなど有名なアーティストのものもあれば、友達や家族から贈られたもの、一般のファンから贈られたものまでと、幅広く揃っています。

ポール・スミス1号店

1970年にオープンした1号店を再現しています。
3m×3mの広さで、窓もなく、とても小さいスペースでしたが、このたった一部屋からポールのファッション・デザイナーとしての人生がスタートしたのです。

f:id:tky_bpp:20160812122001j:plain
f:id:tky_bpp:20160812122014j:plain
f:id:tky_bpp:20160812122033j:plain

奥さんへの愛が強く感じられる展示もいくつかありました。

ポールの頭の中

ポールは、画像やイメージ、言葉や数字などのさまざまなアイディアが頭の中に入ってくるとき、それを頭に残しておくために、カメラで撮影したり、ノートに書き留めたりしていているそうです。そのときに彼の頭に浮かんでくる数えきれないほどのイメージを、このブースでは映像インスタレーションとして表現されています。

f:id:tky_bpp:20160812122053j:plain
f:id:tky_bpp:20160812122306j:plain

コレクション

英国の伝統的なスタイルに、独特のウィットやスパイスを加えたコレクションが人気のポール・スミス。2016年の春夏コレクションを含む、さまざまなラインナップが展示されます。

f:id:tky_bpp:20160812120630j:plain
f:id:tky_bpp:20160812115956j:plain
f:id:tky_bpp:20160812120905j:plain

ボタンウォール

ポールが今回の日本での展覧会をするにあたって制作したボタンの作品です。
壁一面がボタンになっていて圧巻です。

f:id:tky_bpp:20160812121402j:plain
f:id:tky_bpp:20160812121410j:plain

出口には・・・

会場のところどころに遊び心やセンスが散りばめられていたのも印象的です。

f:id:tky_bpp:20160812122640j:plain

ハッシュタグを案内する壁の文字。

f:id:tky_bpp:20160812115331j:plain

中にはカフェスペースもありました。

f:id:tky_bpp:20160812121314j:plain
f:id:tky_bpp:20160812122906j:plain

出口ではポールがお見送りしてくれます。

ショップ

最後にはグッズを販売するスペースもありました。
カタログ、ポストカード、Tシャツなどなど。

f:id:tky_bpp:20160812122954j:plain
f:id:tky_bpp:20160812123927j:plain

販売されているグッズの一覧はこちらから確認することが出来ます。
「ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」 公式グッズ | よみうりイベントグッズ 通販サイト

最後に

ポール・スミスのデザインやファッションに対する考え方に深く触れることができる展示会でした。ポール・スミスを好きな方はもちろん、ファッションやデザインに興味がある方、ものづくりに興味ある方にもおすすめしたいです。

こちらで紹介した写真はあくまで展示会の一部ですので、他にもまだあります。
ぜひ会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。


イベント情報

ポール・スミス展 HELLO MY NAME IS PAWL SMITH
会期:2016年7月27日(水)~8月23日(火) 計28日間
会場:上野の森美術館(東京都台東区)
開館時間:午前11時~午後6時(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
公式サイト:
http://paulsmith2016.jp/index.html

【ポール スミス】ポールスミス ローズ EDP・SP 100ml (並行輸入品)

【ポール スミス】ポールスミス ローズ EDP・SP 100ml (並行輸入品)