BppLOG

Berlin → Tokyo

「disc」と「disk」の違い


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

何が違うのか調べてみたらAppleのサポートに説明がありました。

サポートページにはこのようにあります。

「disc」と「disk」の違い

disc と disk は読み方は同じですが、技術的には明確な違いがあります。

disc

disc は、オーディオ CD、CD-ROM、DVD-ROM、DVD-RAM、DVD-Video ディスクなどの光学式メディアを指します。disc には、読み出し専用のもの (ROM)、マルチセッションの書き込みを行う場合を除いて一度だけコンテンツを書き込める (ファイルを書き込める) もの (CD-R または DVD-R など)、また、何度も消去したり再書き込みできるもの (CD-RW、DVD-RW、DVD-RAM ディスクなど) があります。
すべての disc は取り出し可能です。つまり、デスクトップ、または、Finder からディスクをマウント解除するかイジェクトすれば、disc はコンピュータから物理的に取り出せます。

disk

disk はフロッピーディスク、コンピュータのハードドライブ内のディスク、外部ハードドライブなどの磁気メディアを指します。disk は、意図的にロックされたり、書き込みが禁止されていない限りは、常に再書き込み可能です。ディスクを、複数の小さいボリュームに 分割 することもできます。
disk は通常、金属またはプラスチックのケースの中に入っています (disk および disk の入ったメカニズムは、しばしば「ハードドライブ」と総称されます)。
最終更新日: 2015/02/07
「disc」と「disk」の違い - Apple サポート

なるほど。

でも、これどこで定義されてるんだろう。
辞書を調べてみても明確に書いているところは見つからず。
イギリス英語(disc)とアメリカ英語(disk)程度の差でしかないという情報もあったり。

こんなwikipediaのページもありますね。discのスペルについて。
UK vs. US という項目もあったりします。

Spelling of disc - Wikipedia, the free encyclopedia

歴史的な流れを見るとざっくりとこのようです。

1887年:
ドイツのベルリナーがレコードプレーヤーの原型である、円盤式蓄音機「グラモフォン」を作った。この時利用していたのが、量産可能な円盤(disc)であり、ヨーロッパからアメリカに普及する時にイギリス英語の「disc」が定着。

1956年:
IBMが「IBM 305 RAMAC」を発表。この製品には円筒式メディアの磁気ドラムに替わる記憶装置として、円盤状の媒体に磁性体を塗布した磁気ディスクが利用された。これが後にHDD(Hard Disk Drive)と呼ばれるものである。これ以降、FD(Floppy Disk)やMO(Magneto Optical Disk)など、コンピュータの記憶装置にはアメリカ英語の「disk」が定着。