BppLOG

Berlin → Tokyo

UberのCEO/Travis Kalanickが贈る、起業家への9つの「ギーク」レッスン


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


(この記事は2016/1/16に開催されたインド政府のイベント「スタートアップ・インディア」での講演内容の翻訳サマリです。)

http://d152j5tfobgaot.cloudfront.net/wp-content/uploads/2016/01/Travis_StartupIndia3.jpg

1. 良きギークでありなさい

私はずっとギークで、幼少の頃からコーディングをやっていたのです。
小学 6 年生の時、学校の科学フェアのプロジェクトとして、交流を直流に変える変圧器を作りました。私の父は土木技師だったので、私にとって、ギークとしての子供時代は辛いものでした。
私のギーク歴の仕上げとして、起業家になる前に手がけた最後のコーディングは、LISP 言語で書いた、二層ニューラルネットワークです。

2. 情熱を注ぐことができる何か壊れたものを見つけなさい

私がパートナーとパリに行った時、タクシーに乗ろうとしましたが、空車のタクシーを見つけることができなかったのです。そこで私は、長期に渡り、何の変化も無かった大きな市場(壊れたもの)を見出したのです。

ニューヨークのタクシー営業許可証の数は、60 年間変化していません。タクシーのオーナーは、一丸となってロビー活動をし、人為的なタクシー不足を仕組んだのです。状況が非常に悪くなり、タクシー業界に誰も新規参入することができなくなりました。タクシー運転手は、タクシーを運転するためのライセンス取得に、1 日 150 ドルもの金額を払い続けなければならなかったのです。

この仕組みは、タクシーを運転して生計を立てようとする運転手と、ある場所から別の場所に早急に移動する必要があるのに移動できなかったタクシーの利用者の双方にとって問題を引き起こしました。こうして、私は運転手と利用者の双方のために、Uberを通じて便利なしくみを作りたいと考えたのです。

3. あなたが解決しようとしている問題はどれほど深刻か

簡単な問題ならば誰もが解決でき、特別なものではなくなります。ですから、何か難しい問題を解決する必要があるのです。
私はUber社内では問題解決総責任者です。難題に挑むことを楽しむ数学教授のように、我々も挑戦しがいのある問題に楽しみながら取り組んで来ました。

Uberではタクシー運転手が適時適所にいられるように、ヒートマップを使って車両を追跡し、乗客の乗車パターンを予測しています。
ユーザーにシームレスな体験を提供するには、予測到着時間をできるだけ少なくできるよう、需要を予測し、顧客がタクシーを探す 15 分前にいつ需要が発生するのかを把握する必要があります。Uberではさらに、タクシーが最も必要とされる場所で必ずタクシーを見つけることができるよう、特需型値上げを採用することで供給と需要の問題解決に乗り出しています。

もしあなたが一つの問題を解決しただけで満足するのであれば、あなたは良い起業家にはなれないでしょう。常により大きくて挑戦しがいのある問題が待ち構えているのです。我々をはじめ、Google とテスラなどの同業他社が次に目指しているのは、無人自動車の課題を解決することです。自律走行車が世界中の道路の 3D モデルを作り上げ、人間の介入なく乗客を A 地点から B 地点まで乗せていけるようになる日はそう遠くないと考えています。

4. 分析思考力と創造力を持て

「創造力 (クリエイティビティ) とは、遊び心のある知性である」 - アルバート・アインシュタイン

創造力なしにはコンピューターを使用しても意味がありません。私は、分析思考力に創造力を加えることで魔法が生まれると考えています。

コンピューターはどんな計算でも扱えますが、創造力なしでは、何を計算しても意味がないのです。(分析思考力と創造力の) 両者が合わさってこそ、喜びが生まれ、大変革をもたらすことが出来るのです。Uber の創造的な取り組みの一部について語るにあたり、ドローンと、父の日にヘリコプターの旅を提供した Uber チョッパーでアイスクリームを配達するという、Uber アイスクリームをその一例として紹介します。

我々は、1 年に 1 度、Uber アイスクリームを提供しています。これは、1 年に 1 日だけ、車種の代わりにアイスクリームを選ぶと、アイスクリームを配達するというもので、このサービスの構想は、皆さんに、8 歳の頃を思い出させるというものです。我々が子供の頃は、皆がアイスクリーム トラックを追いかけたものですが、今ではアイスクリーム トラックが自らやってくるのです。このようにして我々は人々の心を捉えているのです。

5. 感覚と現実の違いを知ること

感覚と現実の間には常に大きなギャップがあり、そのギャップこそが、イノベーターが活躍し、魔法が生まれる場なのです。

付和雷同する者は決してその先頭に立つことはできず、自分のフィールドを熟知する者だけがなにか破壊的なことをするチャンスを与えられると信じています。周囲におかしい人だと思われようが、普通ではない方法で物事に取り組み、打たれ強くなることが必要です。感じたことと現実の違いに気付いたときはまっすぐな姿勢を貫きましょう。さもないとしっぺ返しを食らうことがあります。

普通とは違うやりかたで物事に取り組むこと、みんなとは違うことを考えることに慣れましょう。私は 4 年間、毎日 100 回も No と言われ続けていました。誰にも言っていることが理解されず、皆におかしいと思われても気にしない心が必要です。

優れた起業家は、リスクを理解し、それらを軽減することに長けています。そのため、世界中の人たちがナイアガラの滝を綱渡りで渡ろうとするくらいに危険であると思うようなことでも、起業家たちはそのリスクを軽減する特別なスキルに磨きをかけているため、不可能を可能にすることができるのです。

6. 魔法を作り出せ

これは、人々の評判になるような方法で人々を感動させることです。Uber では、人々に時間を返すこと、日常生活に落ち着きをもたらすこと、喜びを提供すること、人々にお金を提供する/人々のお金を節約に貢献すること/お得感を提供すること、という 4 つのことを行っています。

適切な人を雇いなさい。未来を見据え、あなたのチームを奮い立たせなさい。スティーブ・ジョブズは iPhone の特許を取得し、世の中の誰よりも先にスマートフォンの未来を見ていたのです。

魔法を目撃しているとき (または目撃していないとき) には本能的にわかるものです。私はもう何百回となくゴールデン・ゲート・ブリッジを通っていますが、未だにこの橋を通過するときには写真を撮りたくなります。魔法とはそういうものなのです。

7. 興味深い話を伝えよう

企業は、テクノロジーとその製品に注力する必要がありますが、顧客との関係を築く最良の方法は、顧客をその気にさせ、興味深い話を伝える方法を習得することです。私は Uber の従業員に、恐怖感は病気で、売り込み術がその解毒剤だと教えています。何か不安なことがあれば、立ち上がってそれに対してなんとかしようとするのです。

ギークはよく営業担当者を非難します。どんなに素晴らしいものを作っても、売り込まなければその素晴らしいものは世に出ないのです。誠実さ、正直さ、情熱そして話術を活用した商品の売り込み方法は多数あります。

あなたの話術で、単なるタクシーの乗車体験から、人生とその意味についての物語を語るものに昇華させましょう。情熱的かつ誠実に商品を売り込む方法があるので、売り込み方法を身につけてください。

私は、インドのチームの元へと行き、売り込みとは何か、またどうやるのか? と尋ねてみました。 答えは、#AlwaysBeJugaading (いつでもライフハックを) です。

8. 冒険を探そう

不可能を可能にすることこそが起業家精神のすべてだと考えています。

Uberの立ち上げ時期の話です。私と仲間たちはかばんに荷物を詰め、トリヴァンドラムのバルカラに向いました。部屋を予約し、数週間にわたりビーチでコーディングしていたのです。なぜそのようなことをしたか、それはそんなことができたからです。人々には変な目で見られますが、不可能なことを可能にするのが起業家精神のすべてなのです。

世界のグローバル化が進み続ける今、イノベーションの 3 つの B は、バンガロール、北京 (Beijing ) とベイエリアです。

冒険の追求について語るにあたり、Uber は、外国企業のほとんどが足場を築くことができなかった中国市場へ参入することで、不可能を可能にしようと決心したのです。また、ここインドでは、街や国を築くことだけではなく、イノベーションのグローバル化を図るべき時はまさに今なのです。

9. チャンピオンとしての心構えを持て

起業家のみなさん、私からのアドバイスは、取り組んでいることに全身全霊をつぎ込みなさい、少しでも妥協や出し惜しみをしようものなら必ず失敗します。あるものはすべて注ぎ込みなさい。もし、エネルギーが少しでも残っているなら、それは失敗を意味します。何度倒されても立ち上がり続けることで、絶対に失敗しないのです。

起業家は、逆境に直面します。しかし、立ち上がるのです。それを続ける限り、まず失敗することはないのです。もちろん、そのプロセス全体を楽しまなければいけませんよ。


[翻訳元]
tech.economictimes.indiatimes.com
http://yourstory.com/2016/01/startup-india-travis-kalanick-uber/yourstory.com


まだ都内でUberを利用されたことがない方であれば、
こちらからUberに登録すれば初回利用時に1500円分のクーポンが獲得できます。
快適なUberライフをぜひ!